中高年のみなさまぁ~~~

枕をオーダーメイド!

中高年のみなさまぁ~~~

綾小路きみまろの「中高年のみなさま~~」と中高年ネタが思い浮かび「中高年のダイエット。痩せたつもりがやつれたね。」プププッと中高年ネタを笑い飛ばしてしまいますが、中高年になったら特に男性の方には是非受診してもらいたいのが、『睡眠時無呼吸症候群』SASの検査になります。特に仕事で運転をするドライバーさんなどは、特に受診が必要です。ドライバーの仕事は一歩間違えれば、大事故に繫がるからです。

「中高年のみなさまぁ~~ うちの主人は昼間はぜんぜん喋らないのに、夜になるとうるさいのよ。イビキがね。ぬごごごごーーとイビキが始まったと思ったら、急にやんだりするから驚いちゃいますね。」という状態。そのような状態を感じたら、一度病院の診察に行こう!と声がけをしてみましょう。

気になるのは検査費用と治療費ですが、ご安心ください。健康保険が適用されます。ポイントはそこですよね?!睡眠時無呼吸症候群の検査の段階から健康保険の適用がOKなので、よくある風邪の治療と同じような気持ちで受診に行きましょう!

寝具のことなら、コチラ★

ネット時代のエアロパーツ全品定価の10〜20%値引き!交渉可能です。輸入車もお気軽にご相談ください。YMEのサイトは店主自身が“板金ハンマー・塗装ガン”を持つ手でキーボードを叩き制作しています!

そうだ検査にいこう!

理想的な検査の周期は3年に1度は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査をするのが理想的な検査周期になります。なんだか最近、やたらと眠たいんだけどなぁ~と思ったり、どーも疲れが抜けなくて。と思い当たる節があれば、セルフチェツクをしてみて心あたりがあるかどうか確認してみましょう。

そして睡眠時無呼吸症候群と診断が下されたら、もちろんこれから先の治療にかかわるにも保険適用になります。健康保険に適用になるかならないか、で精神的にもずいぶんと楽になりますね。中には会社をあげて、睡眠時無呼吸症候群に取り組んでいるところもあります。

ドライバーを有するバス会社やトラック会社などです。高速バスの路線もかなり増えて、全国津々浦々にバス網が発達しています。鉄道で行くと遠回りになってしまうルートであっても、高速バスを使えばとても便利に行き来することができるという点でも、とても便利なことから近年たくさんの乗客が増えています。そして貸し切りバスでのツアーというように、バスの登場が多くなっているだけにバスドライバーも乗客の命を預かっているとう点で、もしもの事故が起こさないように運転手の健康管理とう点で会社の健康診断の一環として睡眠時無呼吸症候群の検査を義務付けしている会社も多くなっています。

健康保険が効く

治療を続けるのにも保険が適用されるので、安心して継続することができますが、いろいろな原因で睡眠時無呼吸症候群になる可能性が考えられます。人によっては肥満が原因だったり、または扁桃腺肥大が原因で睡眠時無呼吸症候群になっていることも考えられます。中には肥満が原因で睡眠時無呼吸症候群と診断されて、減量にふみっきって見事1年間で6キロの減量に成功した方は、痩せたことで睡眠時無呼吸症候群もかなり改善されたそうです。

太っているときには、なんと1時間あたりで50回以上もあった無呼吸状態が痩せたことで気道の確保が改善されて無呼吸状態が1時間あたり10回程度になったという報告もあるほどです。中高年になると、もともと痩せていた人でもなんとなくぽっちゃりしたり、ぽっちゃりどころかどーーーんとお腹にでっぷりとお肉が乗ったりします。お腹だけではなくて、身体全体にも肉が付いてしまって、睡眠にもかなりの影響を及ぼすことが分かっているので、中高年になればなるほど若い頃よりも自己管理が必要になります。

睡眠時無呼吸症候群になりそうな疑いがあるけれども、治療が必要という診断までにならないケースもあります。その場合には「生活指導」ですね。中高年に生活指導って、中学生じゃあるまいし、今更生活指導ってなにするんだよー?!と思います。中学生の生活指導で、遅刻が多いとか髪形がなんとかならんのか?!とか指導が入るのと似た様な感じの中高年への生活指導は、タバコを吸っている喫煙者なら「禁煙しましょう」これが出てきます。

そして痩せましょうと運動するようにという指導が入ります。継続的そして定期的な運動をする、特に肥満が原因で睡眠時無呼吸症候群と診断された方はまずは減量を最優先で考える必要があります。痩せれば身体も軽くなり運動をするモチベーション維持にも繋がります。食事や運動といった普段の生活を見直すだけで、ずいぶんと身体の体調は違ってきます。

安眠できてますか?

Back to Top