9月3日は何の日だ?

枕をオーダーメイド!

  • ありがとんとん

9月3日は何の日だ?

「9月3日」は何の日でしょうか?! それは9(グッ)月3(スリー)日で、ぐっすりーということで「睡眠の日」です。上質な睡眠というように、以前は寝ていることなどあまり話題に取り上げられることがありありませでしたが、最近は「睡眠の質」がいかに大事なのか。ということに注目が集まっています。

上質な睡眠にはエクササイズだ!

ぐっすりとした上質な睡眠は絶対に大事だなというのは、わかります。某ベットマットのコマーシャルで、上質な睡眠をとるためにベットマットを持ち歩くというのも納得できます。世界的テニスプレーヤーの連戦の様子の試合振りをみると、いかに疲労を抜いてしっかりと睡眠をとるのかも試合でベストコンディションをもっていく意味でも、とても大事なことだと思います。

たとえば航空機のパイロットなどは、体調管理も大事な仕事のうちということで、運動不足にならないようにウォーキングやランニングをしたり十分に睡眠がとれるように、健康管理に注意をしています。適度な運動というのも、上質な睡眠はとっても大事なんですね。運動するのが億劫だな~と感じてしまいますが、深い睡眠を得るためにできることから少しずつしてみてはどうでしょう~!

中高年になれば肩こりが出てきたり、腰痛が出てきたりします。デスクワークなど同じ姿勢を長時間続けていると、かなり腰にも負担が出てきてしまいます。腰痛予防にもエクササイズは有効なので、睡眠のためそして健康維持するためにも、エクサイズをしてみましょう~!

寝具のことなら、コチラ★

創業50余年で培ったノウハウで、安心と信頼のサービスをお届けします。 振袖 レンタルのマイセレクトはお電話でのお問い合わせも大歓迎です。 どんな事でもお気軽にご相談下さい。
PLCラダーソフト・シーケンス制御設計は(有)アイリスにおまかせください!当ホームページにてデバイス・制御系の組込みソフト開発シーケンス制御 設計などの弊社事業内容をご紹介しております。

あーーすっきりした!という目覚め

ぐっすり眠った日の朝の目覚めは、すこぶる気持ちの良いものです。日常的に運動をしていない人なら、余計にちょっと屋外で運動した日などはぐっすりと眠れたのではないでしょうか?なんでも普段から定期的に運動している人は、運動していない人と比べると睡眠障害になっている人が少ないそうです。

そのような話を聞くと、少しずつでも運動するようにしないといけないのかなぁ~とか、そろそろ継続できる運動をしたほうがいいのかな。という気持ちになってきます。

「あーすっきりした!」という、気持ちの良い目覚めを得るにはまずは軽めの運動から始めてみましょう。いきなりジムに通うとか考えると、うへぇぇとやる気も失せてしまうので最初は軽度な運動でまずは継続することを最優先にして運動を始めていきましょう。

理想は週に3回~4回

運動をすると睡眠にどんな影響があるのかというと、運動することで身体は適度な疲労を感じます。そして運動とも関連があるのが、体温です。普通、人間の体温というのは活動している日中に体温は高くなり、夜になると少しずつ体温は下がっていきます。そして体温が一日のうちで一番下がったときに、眠りに落ちやすくなっているというのが人間のごく当たり前の姿になり、自然のパターンといえるでしょう。

運動すると汗をかいて発汗します。そして身体も熱くなって体温が上がります。身体の体温が上がることで、熱を分散させりために、血液や汗がでて身体をクールダウンさせようとします。運動で自然に体温が上がっても、特別冷やすことをしなくても自然に体温が下がってきます。運動することで、体温が変動することが夜の睡眠の時に、深い眠りへと導入する良い働きになります。

たまに運動しようかな。程度の運動ではなく、理想は週に3回~4回というように定期的な運動が大事です。習慣的に継続して運動することで、睡眠の質も確実に上がることに繋がります。そしてもちろん運動することで、ダイエットにも効果があるので余計に張り合いが出てくるものです。

あまり激しい運動をすると、筋肉痛になってしまって眠ろうとしたときにも「あたたたたた・・・イタイイタイ!!」となれば、上質な睡眠を得るための睡眠導入するために始めた運動が、筋肉痛で睡眠を阻害してしまうので激しい運動ではなく、軽めのランニングだったりウォーキング、そしてしっかりと身体全身を使ってのラジオ体操も効果があります。

普段運動をしない人ほど、運動することでとっても寝つきが良くなったという効果の実感を感じることになるようなので、ぐっすりとふかーい眠りを求めるためにまずは軽めの運動からしてみてはどうでしょうか?!

安眠できてますか?

Back to Top